世界のお土産マナー集6―中国編

中国は何もかもケタ外れ

ニーハオ(こんにちは)

経済発展の目覚しい中国ですが、
何もかもスケールが大きく桁外れです。

人口は13億人、世界では68億人ですから、
約5人に1人は中国人です。

国土はロシア、カナダに次ぎ世界第3位で、
ヨーロッパ全体の面積とほぼ同じ、
日本の約26倍の広さ。

また、56の民族が共生する他民族国家でもあり、
92%は漢民族、残り8%が55の少数民族です。

少数民族のうち、多い順にチワン族、満州族、回族、
苗族、モンゴル族、チベット族、ウィグル族と続きます。

国土が広大なため、同じ漢民族でも言葉が通じず、
ましてや他民族ともなると通訳が必要になるくらいです。

もともと一つの国に収まりきらない宿命を持つ国が
中国ともいえます。



中国へのお土産タブーは?

中国語では、「終わり」を意味する「終(zhong)」と
「時計」を意味する「鐘(zhong)」が同じ発音のため、
一般的に時計を贈り物にすることは配慮にかけることとされています。

おやじギャグみたいですが、ビジネスの上では要チェック。

似たような例として、ロシアのクリスチャン・ディオールがあります。
佐藤優氏によると、クリスチャンカはロシア語で百姓女という意味なので
ロシアではディオールはあまり成功を収めなかったということです。


ニーハオ・トイレ

中国のトイレといえば、ドアなしや、もっと強烈な溝だけトイレを
思い浮かべる人も多いかと思います。
俗に言う「ニーハオ・トイレ」です。

日本では、トイレは非常にプライベートなものと位置づけられていますが、
中国では、自然現象なので隠す必要はないと考えられています。

最も、北京など大都市では個室トイレが増えているようです。
ただ、清潔とはいえないトイレも存在するので、
ホテルやレストランのトイレを利用したほうが
カルチャーショックは少ないかもしれません。

郊外に行くと、トイレは各家庭にない場合も多く、
共同トイレの形をとっているところもあります。
そこには、近所の人たちが集まり、
さしずめ井戸端会議ならぬトイレ会議が花盛り。

壁のないトイレがもたらした交流の場でもあるようです。


中国のお年玉・紅包(ホンパオ)

紅包は赤い小さな袋に入れたお年玉、ご祝儀です。
これは日本にも伝わり、お正月のお年玉として
子どもたちが楽しみにしているものですね。

中国では、紅包は子どもだけでなく、大人にも配ります。
春節(旧正月)に上司が部下にあげたり、お世話になった人に
「今年もよろしく」の意味も込めてあげるようです。

日系企業にとっては、この紅包も悩みのタネだったり
するようです。

日本の文化は中国から渡ってきて、独自に変化していったもの
と言われてますが、本場・中国の大きさに触れるにつれ、
こちらも懐を深く、付き合っていくことが求められているのかもしれませんね。

あなたの心遣いを贈る、日本土産なら

英語説明書つき日本土産なら、日本のおみやげ.comへ 03-3204-0988 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-11-11
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-11-11
03-3204-0988

神楽坂で見つけた日本の夏

庭に錦鯉が泳いでいるイタリアン

イタリアンのお庭で泳いでいた錦鯉

所要があり、先日、久しぶりに神楽坂を訪れました。

30年前のおじ様の街・神楽坂を知っている者にとっては、
昨今のフレンチの激戦区・神楽坂には目を見張るものがあります。

石畳のかくれんぼ横丁、芸者新道には、粋な黒塀の在りし日の料亭を
そのまま活かしたフレンチがぽつりぽつりと点在し、外国人の目から見ても、
日本人の目からも異国情緒たっぷりです。

庭に錦鯉が泳いでいる料亭がイタリアンだったり、
迷路に迷い込んだかのような坂を曲がると、
次は何が現れるのかワクワクします。
このちょっと小粋な坂道がパリのモンマルトルに似て
いると言われる由縁かもしれません。

シャンソンと焼き鳥の匂い

神楽坂には日仏会館があるためか、昔からフランス人が多く住んでいて、
坂を歩いていても、後ろから聞こえてくるのはフランス語だったり英語だったり。

日曜日の商店街にはシャンソンが流れ、焼き鳥の匂いが漂います。
このアンバランスがいかにも神楽坂らしい。

フランス人が経営している店も目立ち、その1軒には“8月一杯お休みします”
の貼紙があり、郵便受けには郵便物が溢れていました。

フランスへ里帰りしているのでしょう。
きっと9月には新しいお料理がお目見えするかしれません。
土産話しも楽しそうですね。


セミすら神楽坂チック

ランタナにとまっていたセミの抜け殻

神楽坂若宮八幡宮の角を曲がり、道なりに歩くと、アグネスホテルの前に出ます。
こじんまりとした気持ちの良さそうなホテルで一度利用したいと思っていますが、
未だ果たせていません。

前のパティスリーでケーキを買い求め、一休みしていると、
ランタナの花の上にセミの抜け殻を見つけました。

樹木ではなくランタナというところが、お洒落で思わずパチリ。
鮮やかな花に止まって一生懸命、殻を脱いでいたのかと思うと
セミすら神楽坂チックです。


夏を楽しみに変える江戸の知恵

神楽坂で見つけた風鈴

小栗横丁から謎めいた坂を昇ると、鳥茶屋の前に出てきました。
軒下には、ほおづきの鉢に風鈴が涼しげに揺れていました。

連日、暑くて暑くて十分過ぎるほどの夏なのですが、
ほおづきと風鈴の組合せに、うだるような夏さえも楽しみに変える
江戸の知恵を見た思いがしました。

日本土産に、ほおづきの鉢は無理ですが、
ほおづきランプや風鈴はいいかもしれませんね。


あなたの心遣いを贈る、日本土産なら

英語説明書つき日本土産なら、日本のおみやげ.comへ 03-3204-0988 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-11-11
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-11-11
03-3204-0988

お土産マナー集その5ー韓国編

アンニョンハセヨ(こんにちは)。

今、大久保を歩けば、ここは韓国?と思われるほど
韓流ブームに沸いています。

また、我が家の食卓にキムチが上らない日はないほど
一番近い隣国・韓国ですが、韓国の方と話してみると、
意外と知らないことばかり。


「孝」を大切にする国・韓国

韓国は儒教的な倫理観が色濃く残り、
礼儀作法を大切にするお国柄です。

特に、「孝」の精神を重視するため、
親を非常に大事にし、
目下の者が目上の者を敬うことを重んじます。

年上の人に対しては、
たとえ身内でも敬語を使うのがエチケット。

韓国で年を聞かれるのは、それによって
どういう態度を取るかが左右されるからだそうです。


人に席を譲る習慣は日本よりはるかにスマート

地下鉄やバスで、お年寄りが乗り込んできた場合、
若者はサッと爽やかに席から立ち上がります。
席を譲らなければ、お尻がむずむずして居心地が悪いと、
小さいころから習慣付けられているようです。

また、目の前に重い荷物を持っている人がいれば、
座っている人が持ってあげます。
昔は、日本でも見られた光景ですが、
最近は見かけなくなりました。
信頼関係が薄くなったのかもしれませんね。


韓国で喜ばれるお土産

家族を大事にする風土から、訪問先の
家族へのお土産を用意していくと、喜ばれます。

大きな立派なお土産も、自分を大切に思って
くれている証しと思われ、喜んでもらえます。
最近では、家電製品など。

また、日本のお中元、お歳暮のような贈り物習慣があります。
旧正月と秋夕(チユソク:お盆)の前には
お世話になった方に贈り物をします。

お食事のマナー

年長者を大切にする習慣から、
目上の人より先に席に着いたり、箸をつけるのはタブー。

飲酒も同じで、目上の人が飲んでから。
また、手酌はしません。注がれるのを待ちます。

すすめられたら顔を少し横に向けて飲みます。
これはお酒を飲んでいるところを年長者に見せるのは
失礼だと考えられているからだそうです。

年長者の前での喫煙はマナー違反で、
女性の喫煙はあまり感心されません。

日本では、ご飯、味噌汁など器を持っていただきますが、
韓国では、器を持って食べる習慣はないので、
お箸やスプーンで。

主食以外の副菜はお代わり自由です。

マックやロッテリア、ケンタッキーなど、
ファーストフードでの炭酸飲料もお替りできます。

空の容器をレジに持って行き
「リピル ヘジュセヨ」と言えばOK!
これはちょっと日本でも取り入れて欲しい習慣かも。


日本には「孝」より「忠」が伝わる

日本にも儒教の影響はありますが、
「孝」より「忠」が強く伝わり、
主君への忠義、現代では会社への忠義と、
家族より会社を第一義にする傾向があるように思います。

同じ儒教でも、国によって伝わり方に温度差があるのが
面白いですね。

あなたの心遣いを贈る、日本土産なら

英語説明書つき日本土産なら、日本のおみやげ.comへ 03-3204-0988 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-11-11
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-11-11
03-3204-0988

お土産マナー集4-ロシア編

ズドラーストヴィチェ(ロシア語:こんにちは)

お客様を大切にするロシア人

ロシア人のおもてなし好きは有名です。
それは寒い地で暮らす人々の楽しみの
ひとつであるのかもしれません。

どんなに生活が貧しくても、最後の一びんのジャム、
バター、小麦粉の一袋は手つかずに取っておいたとか。
それはお客様が来たときに、パンとピロシキを焼くため
のものだったそうです。

お客様のために惜しみなく用意された
最大限のおもてなしのご馳走を
一緒に楽しく飲み、食べ、語らうことが
心遣いに対するマナーですよね。

お土産には何を持っていったらいいの?

女性にはお花を、男性にはお酒を、
子どもにはお菓子かおもちゃを、
そして日本を語るものを何か用意すれば
完璧です。

どこの国でも女性にお花は喜ばれますが、
寒い国ではなおさらのこと。
ひとつ注意が必要なのは、花の本数は奇数で
持って行くということです
偶数の花はお葬式のとき、墓参りのときだけだとか。

それから、恋人同士の場合は、
女性に黄色い花を贈ってはいけません。
黄色い花は心変わり、裏切りの意味があります。
ただ、ミモザだけは例外です。

お花を渡すときは玄関に入ってから

ドアのチャイムを鳴らして、玄関先で、
すぐにお花を渡すことは避けたほうが無難です。
それは、敷居をはさんで挨拶をすると、
悪いことが起きると考えられているからです。
お花を渡すのは部屋に通されてから。

年齢は口にしない

日本では年齢を一つのモノサシにする傾向がありますが、
外国で年齢を聞れた記憶はほとんどありません。

フランスでは、女性に年齢を聞いていいのは
10歳以下と70歳以上です。
ロシアでは、女性は20歳以上、
男性は30歳以上の方に
年を聞くことは失礼にあたるとか。

また、西欧のレディファーストは、
ロシアでも生きています。

会話では女性を誉め、立てることが肝心。
お互いに認め合い、相手を誉めれば
楽しいコミュニケーションが取れますよね。

それでは、ザ プリクラースヌィヒ ダーム!(ステキな女性たちに乾杯)

あなたの心遣いを贈る、日本土産なら

英語説明書つき日本土産なら、日本のおみやげ.comへ 03-3204-0988 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-11-11
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-11-11
03-3204-0988
黒(ぶら)っく もみじ
最新記事
プロフィール

日本のおみやげ屋さん

Author:日本のおみやげ屋さん
翻訳会社として30年間、活動しています。
外国の方がいらしたり、海外へ出かけていったり…
その度に、日本を紹介できるようなちょっとした手土産がないか、
手渡すことで、その場が和むようなグッズがないか、探していました。
せっかく渡すなら、もう少し準備して気の効いたものを渡したいと思ったことが“日本のおみやげ屋さん”を始めたきっかけです。
どうぞ、ご覧になっていってください。

日本のおみやげ.com

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
http://blog-imgs-47.fc2.com/o/m/i/omiyagejp/2010111113415646b.jpg
フリーエリア
http://blog-imgs-47.fc2.com/o/m/i/omiyagejp/omiyagerogo.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR